検査科

検査科の紹介

臨床検査は、病気の診断や治療をするときに必要な情報を提供します。臨床検査は、大きく2つに分けられ、血液・尿・便など採取した検体を調べる検体検査と、患者さんを直接調べる生理検査に分けられます。

生化学検査

採血した血液を凝固させ、遠心分離器で血球など有形成分と血清の液状成分に分離をして上澄みの血清を使用します。生化学自動分析装置で肝機能(GOT・GPT)、腎機能(クレアチン・尿素窒素)、脂質検査(コレステロール・中性脂肪)、血糖などを測定します。

血液検査

血球計算器を使用して血液中の白血球・赤血球・血小板の数や血色素量の測定や、血液凝固に必要な成分の測定を行います。また、血液をスライドガラスに塗抹・染色し、顕微鏡で白血球の分類も行います。

血清検査

遠心分離した血清を使用して、B型、C型肝炎ウイルスや梅毒などの感染症の検査を行います。

一般検査

尿や便などの検査を行います。尿検査は試験紙を用いて蛋白・糖・潜血などを調べます。また、顕微鏡で尿中の細胞成分なども検査します。便検査は便潜血(便中に血液が混じる)や虫卵(寄生虫の卵の有無)などを調べます。

輸血検査

血液型を調べたり、貧血や手術で輸血が必要になったときに血液が適合しているか交差適合試験を行います。

生理検査

生理検査は患者さんの体を直接調べる検査でいろいろな検査を行っています。心電図検査・ホルター心電図検査・トレッドミル運動負荷検査、超音波検査、脳波検査、肺機能検査、聴力検査など検査があります。

当病院の自動血球計数装置は、平成21年度日本損害保険協会自賠責運用益拠出事業により、平成21年8月28日に検査室へ整備しました。