看護部

看護部理念

ふれあいを大切に、一人一人にまごころと思いやりのある看護を提供します。

看護部方針

  1. 患者さんや家族の皆様に満足していただけるサービスを提供します。
  2. 地域包括ケアシステムにおける入院から退院、そして在宅へと継続看護を提供します
  3. 安全な医療を目指し、安心できる療養環境を提供します。

平成29年度3部署行動目標

1.地域包括ケアシステムの中で継続看護を実践する
  1. 患者受持ち制を導入し、入院~退院~在宅への看護の責任を果たす
  2. 退院調整看護師を中心に退院支援・調整の充実を図る
2.教育・研修体制を再構築する
  1. 看護研究に取り組む
  2. 認知症ケアの充実
  3. 専門分野別看護を学ぶ(循環器・小児虐待・重度心身障害児看護 他)
  4. 訪問看護・地域包括支援センターへの実地研修
  5. 管理者育成昇格基準を整備する
3.次世代の管理者を育成する
4.業務拡張に伴う看護師確保をする
  1. 臨地実習の受け入れ
  2. 託児室、夜間保育の活用
  3. WLB事業に参加し、職務満足度の高い職づくりを行う
5.経営改善に参画する

教育方針

期待する看護師像
済生会の基本理念である「施薬救療」の精神に基づいて人々の幸せに資する看護を提供することを理解し、個人が主体的にキャリア開発できること、ふれあいを大切に一人とりまごころと思いやりのある看護を提供できる看護師を目指します。

教育理念

  1. 看護部の理念に基づき、看護部方針に沿った医療・看護サービスを実現するための看護師を育成する
  2. 一人ひとりの看護職が組織人・専門職人としての役割を認識し、臨床実践能力を向上することができる

教育目的

教育理念のもと地域社会に貢献できる看護師を育成する

クリニカルラダーに基づいた看護師教育

クリニカルラダーは、看護師の臨床実践に必要な能力を段階的に表現したものです。

各段階に合わせ院内外の研修で学習の機会を設け目標を持って看護師一人ひとりがステップアップする仕組みを取り入れています。

新人看護師を支える体制

新人には、臨床実践に関する実地指導や、様々な相談にのる担当プリセプターを配置しています。また、新人看護師とプリセプターを支援する教育担当者を配置するとともにチーム全員で育成する体制をとっています。

認定看護師

小児救急認定看護師
副看護師長  高松 薫

平成20 年に資格を取得しました。

子供たちが元気になって帰っていく姿を見ると嬉しいです。
白十字看護専門学校の小児看護学を担当しています!

がん性疼痛看護認定看護師
大平麻由美

平成26 年に資格を取得しました。活動日には院内を巡回し、がん性疼痛やがん治療による副作用などの苦痛を緩和できるように活動しています。

感染管理認定看護師
主任  山口芳子

平成28年7月に資格を取得しました。認定看護師として活動しています。感染管理認定看護師は、患者、訪問者、職員外部委託業者等すべての人を感染から守り、院内の感染対策に取り組んでいます。毎日、院内を巡回しています。