看護部

部長挨拶

 令和元年という大きな節目の年に、当院は鹿島労災病院との再編統合が実現し再スタートしました。超高齢・少子社会を迎え、地域包括ケアシステムにおける看護職は『いのち・暮らし・尊厳』を守り支える看護の提供が求められています。

 私達は、患者の状態の変化を即座に察知し「いのちすくう」医療・看護を提供することはもちろん、退院後の生活を見据え患者一人ひとりの生きる力を引き出し支援しています。そのためには地域医療を担う訪問診療、訪問看護やケアマネージャー等の介護・福祉サービス担当者との連携が大切であると考えています。チームの和と仲間への思いやり、専門職として常に学ぶ姿勢、相手の立場を尊重できる心豊かな看護師の育成に努めていきます。
    
*「済生」とはいのちすくう」という意味です。

 

看護部長 岩出 昌子

看護部理念

  ふれあいを大切に、一人ひとりにまごころと思いやりのある看護を提供します。

看護部方針

  1. 患者さんや家族の皆様に満足していただけるサービスを提供します。
  2. 地域包括ケアシステムにおける入院から退院、そして在宅へと継続看護を提供します
  3. 安全な医療を目指し、安心できる療養環境を提供します。

2020年度 看護部行動目標

1.専門性の高い看護実践を行える看護師の育成

 1)内視鏡の拡大、肝・胆・膵領域や整形外科手術、がん化学療法に対応できる

 2)認知症ケアの充実(多職種カンファレンスと記録)

2.安全で効率的な看護を提供するための看護体制を構築する

 1)小児科病棟・外来日勤の一元化

 2)部署間(病棟・外来・手術室・透析室)のリリーフ体制を構築する

3.多職種との役割分担、入院時支援の拡充

 1)予約入院の流れを見直す

 2)予約入院患者全体を拡大する

4.病院機能の拡大に伴う看護人材の確保

 1)計画的な採用活動

 2)看護管理者の育成

 3)認定・専門看護師、特定看護師の増員

看護部活動

   

部署紹介

 外来 『患者さんに笑顔と安心と満足を』

 日中・夜間、小児・成人を問わず24時間体制で救急対応をしています。外来は病院の「顔」であり日々流れの違う部署です。私たちは患者さんを中心に医師や、パラメディカルとチーム体制を作り、安心できて満足のいく医療・看護を心がけています。

 手術室 『清潔・安全・安心』

 昨年度は外科や整形外科の新しい術式の手術が増えました。今後も学習を重ねながら安全な手術室看護を目指します。

 透析センター『安心・安全・親切・丁寧』

 泌尿器や腎疾患などの患者さんに対する専門的治療を提供しています。医師と共にカンファレンスを行いながら情報を共有し、患者さんが安全、安楽な血液維持透析生活が送れるよう援助を行っています。


 3A病棟(外科系混合病棟)『笑顔で明るく、思いやりのある看護を提供します』

 外科、整形外科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科の手術前後、主に急性期治療が必要な患者さんへの看護、がん終末期の看護を行います。また病状に合わせて必要な化学療法、検査処置など入院から退院まで、患者さんとご家族に寄り添い、安全な療養環境を整えています。

 常に気配りを忘れず、スタッフ全員が自己の課題解決に向かって前進し、家庭と仕事の両立を図る自立した看護師を目指し、日々努力をしてお互いに成長し合える病棟です。

 3B病棟(内科急性期混合病棟)

 『患者さんのために、みんなで声を掛け合い、やさしく責任ある看護を提供します。』

 循環器内科(虚血性心疾患、心不全等の検査や治療)や呼吸器内科や神経内科の急性期~慢性期、緩和目的・在宅調整などの終末期の患者さんが入院しています。高齢化が進み、介護度の高い患者もおり、退院支援にあたっては、患者さん一人ひとりのご家族の背景や生活環境、日常生活動作や必要な医療処置を把握し、多職種と連携し支援を行っています。 

 スタッフ一人ひとりが患者さんやご家族の目線に立った「やさしく、責任ある看護」を目指し、みんなで声を掛け合い、協力して日々業務を行っています。

 4B病棟(一般内科・小児科) 『チームワークを大切に』

 主に内科と小児科の混合病棟です。内科では、循環器・呼吸器疾患等の集中治療を経て、急性期から慢性期、在宅ケアへスムーズな移行支援を目指します。

 小児科においては、外来・病棟が連携し日勤のみ一元化を実施しています。スタッフ一人ひとりが行動する力を養い、チーム一丸となって協力し、日々看護を提供しています。

 心臓・呼吸器疾患患者に対する専門的治療の看護を提供しています。小児科では治療や看護が安全に実施できるよう、環境整備に配慮しながら安心して療養生活が送れるように患児・家族への支援を行っています。

            子育て支援(託児室・病児病後児保育)

☆託児室☆

院内で働く職員

全ての支援を

しています。

夜間保育利用可!

☆病児病後児保育☆

市内で働く

お母さんの支援を

しています。

教育方針

期待する看護師像

 済生会の基本理念である「施薬救療」の精神に基づいて人々の幸せに資する看護を提供することを理解し、個人が主体的にキャリア開発できること、ふれあいを大切に一人とりまごころと思いやりのある看護を提供できる看護師を目指します。

教育理念

  1. 看護部の理念に基づき、看護部方針に沿った医療・看護サービスを実現するための看護師を育成する
  2. 一人ひとりの看護職が組織人・専門職人としての役割を認識し、臨床実践能力を向上することができる

教育目的

 教育理念のもと地域社会に貢献できる看護師を育成する

 *当院では30年度より、ℯ‐ラーニング(ナーシングスキル)を導入しました。看護技術を動画で確認・習得するオンラインツールで、クリニカルラダー別に自己学習を進め、新人看護師から中堅看護師、管理職まで充実した研修を効率よく受講することができます。

クリニカルラダーに基づいた看護師教育

 クリニカルラダーは、看護師の臨床実践に必要な能力を段階的に表現したものです。

 各段階に合わせ院内外の研修で学習の機会を設け目標を持って看護師一人ひとりがステップアップ
する仕組みを取り入れています。

新人看護師を支える体制

新人には、臨床実践に関する実地指導や、様々な相談にのる担当プリセプターを配置しています。
また、新人看護師とプリセプターを支援する教育担当者を配置するとともにチーム全員で育成する体制をとっています。

 

認定看護師

看・大塚宏子_2

皮膚・排泄ケア認定看護師
看護師長 大塚宏子

平成26年に資格を取得しました。

皮膚・排泄ケア認定看護師は WOCと呼ばれW(wound:創傷)O(ostomy:ストーマ)C(continence:失禁)の3つの分野でスキンケアの基本からさまざまな皮膚・排泄のトラブルに対応します。

高松 薫_2

小児救急認定看護師
副看護師長  高松 薫

平成20 年に資格を取得しました。

子供たちが元気になって帰っていく姿を見ると嬉しいです。
白十字看護専門学校の小児看護学を担当しています!

山口 芳子_2

感染管理認定看護師
主任  山口芳子

平成28年7月に資格を取得しました。認定看護師として活動しています。感染管理認定看護師は、患者、訪問者、職員外部委託業者等すべての人を感染から守り、院内の感染対策に取り組んでいます。毎日、院内を巡回しています。

看護学生奨学金支援制度

 ➢看護学生 月額  ① 50,000円 貸与
           ②100,000円 貸与

 ➢下記に該当する場合は、返済債務の全額を免除します

 卒業後、看護師の免許を取得し、当院において看護師として勤務し、当該勤務期間が貸与期間に相当する期間に達したとき。ただし、勤務の期間は、当院で実際に勤務した期間であり、休職など実際の勤務から離れた期間は含まない。詳しくはこちらをご確認ください 

 ➢随時奨学金の申し込みを受け付けております

☆彡 認定・専門看護師、大学院進学等への奨学金支援があります