白内障手術について

白内障について

 白内障は目の中のレンズの役割を持つ水晶体が濁ってくる病気のことです。症状は物が見えにくくなったり、かすんで見えたり、光が眩しく感じたりします。通常加齢によるものがもっとも多いのですが、他にもアトピー性皮膚疾患や糖尿病、ステロイド等の特殊な薬の影響、外傷によって発症する場合があります。

白内障の治療方法

 進行が軽度で日常生活に差し支えのない程度であれば点眼治療を行います。しかし点眼治療は、水晶体が透明に戻るわけではなく白内障の進行を抑えるための治療です。日常生活に支障が出ている場合は手術による治療を行うのが一般的です。当院では一般的な「超音波乳化吸引術」を行います。この手術は濁った水晶体を超音波で粉砕し吸引して取り除き、代わりの人工水晶体である眼内レンズを挿入します。

当院の治療の流れ

 白内障手術を希望される方は、まずは眼科を受診してください。検査を行い、手術の適応があるか診断します。手術は1泊2日で行います。退院後は点眼治療を行いながら定期的な通院となります。